腸内細菌の働きとは?

リナビューのブログをご覧の皆様 こんにちは! リナビュー オーナーセラピストの高橋です。

先日に続きまして腸のお話をさせていただこうと思っています。前回、ヒトの腸の中には腸内細菌がたくさん住んでいるというところまでお話ししました。腸内細菌には、いくつかの種類があり、それぞれに働きが違ってきます。それぞれの働きとはどういうものなのでしょうか?

腸内細菌とは?

腸内細菌とは、腸の中に住んでいる最近のことで、様々な細菌たちが腸内フローラという生態系を作り、体のために毎日働いてくれています。
腸とは大腸や小腸の総称で消化、吸収、排泄、その他、ホルモンやビタミンなどの生成、解毒などを腸内細菌のサポートによって行っています。
ヒト一人の体を構成してる細胞が約60兆個。胃から大腸までの間には約500~1,000種類、その数は約100兆個、重さにすると約2㎏前後とも。圧倒的な数の多さに驚かされますね!

腸内細菌の種類

腸内には、大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があります。                                       成人の場合「善玉菌20%」「悪玉菌10%」「日和見菌70%」の割合が平均的な理想のバランスと言われています。
善玉菌には「乳酸菌」「ビフィズス菌」「納豆菌」「酪酸菌」など。                                            悪玉菌には、「大腸菌(有毒株)」「ウェルシュ菌」「ブドウ球菌」日和見菌には「バクロテロイデス菌」「大腸菌」となっていて、これらのこれらの最近群が日々、縄張り争いをしながら活動しています。

腸内細菌の働き

腸内細菌には、主に5つの働きがあります。
1 病原体の侵入を防ぎ排除する
2 食物繊維を消化し探査脂肪酸を産生する
3 ビタミンB2、B6、B12、K、葉酸、パントテン酸、ビオチンなどのビタミン類を生成する
4 ドーパミンやセロトニンを合成する
5 腸内細菌と腸粘膜細胞とで免疫力の役70%を作り出している

年齢やストレスで変化するバランス

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内に細菌はいませんが、生後3~4日位から急速に腸内細菌が植えていきます。離乳し、様々な食品を摂取するようになり腸内細菌バランスは大人に近い状態に。ビフィズス菌自体も乳児型から大人型に変化するそうです!そして、成年期を過ぎ、老年期に差し掛かる頃からビフィズス菌が減少し、ウェルシュ菌などの腐敗菌や大腸菌、乳酸桿菌が増加傾向に。年を重ね胃酸の働きが低下したり、腸そのものの機能の衰えにより、食物が腸内に長くとどまり、悪玉菌が増殖しやすい環境になることが一因ともいわれています。

また、ストレスも腸内環境を乱す原因に。
心配事、不安、イライラなどの精神的疲労。暑さや寒さなどの寒暖差などの環境的要因、肉体的疲労や栄養バランスの乱れ、栄養失調など体に負担のかかることはすべてストレスに。特に大きな精神的ストレスを受けるとビフィズス菌が急激に減少し、腸内細菌叢が老人方に移行してしまい、元の状態に戻るには1週間程度必要になるそうです。他に病気や手術、抗生物質の服用でも腸内細菌の状態は変化します。抗生物質の種類によっては、病原菌と同時に腸内の善玉菌の働きまで一緒に弱めてしまう場合も・・・抗生物質の影響を少なくするために、整腸剤を一緒に処方されることもあるとか。また、日頃から腸内環境を整えて抗生物質の影響を受けにくい状態に保つことも大切だそうです。

次回は「腸内環境を保つための腸活」についてお話をしていきたいと思いますのでお楽しみに!

関連記事

  1. 2分で距離を縮める魔法の話術~人に好かれる秘密のテクニック~…

  2. 積年の背骨のブロックが外れた!!

  3. 勝山式美容矯正とは?

  4. 秋にケアしたい臓器はどこ?

  5. 免疫力アップでウィルスに負けないカラダへ!今、食べるべき12…

  6. 2018年☆新年あけましておめでとうございます☆

» サロンの予約はこちらから