秋にケアしたい臓器はどこ?

こんにちは、リナビューの清水です。

湿気の多い気だるい夏がやっと過ぎ去り、爽やかな気候、秋になりました〜

と、思ったら、昨日はものすごい台風で怖かったですね。

被害に遭われた地域の方々におかれましては、どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。

秋といえば、行楽シーズンでもあり、楽しい行事等で心がウキウキすることも多くなりますね。

反対に、景色や、気候の移り変わりの中で、物悲しさや、淋しさを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それ、実は、、、、肺や大腸が弱っているかもしれませんよ。

最近、こんなこと感じている方はいませんか?

○物悲しさ、孤独感を感じやすい ○肌が乾燥しやすくなってきた ○鼻水が出る

○呼吸系にトラブル ○下唇がカサカサになりやすい

東洋の考え方で、秋という季節は肺や大腸を酷使しやすい季節。

肺や大腸が弱っている場合、上記の症状は顕著に現れます。

肺や大腸をケアするためにオススメの食べ物をご紹介

○白くて辛い根の食べ物(大根、生姜、ネギ、玉ねぎ)

○レンコン ○ネバネバ食品(納豆、自然薯、なめこ、海藻類) ○玄米 ○乾物(高野豆腐、切り干し大根、昆布等)

※玄米について。

体質的に消化能力が弱い人や蝶が弱い人は、玄米を消化しやすくするために、下記のポイントに気をつけて食べてみてくださいね。(玄米ではなく、酵素玄米、分づき米、白米に雑穀を混ぜたもの代わりに摂取するのもオススメです)

・よく浸水してから炊くこと ・よく噛むこと ・ごま塩をかけて、味噌汁とともに食べること

体が出しているSOSのサインに気づいて、食事から、ご自身のケアに役立ててみてください。

また肺、大腸をほぐすことによって、心身ともにバランスが整うことも。

リナビューの内臓マッサージで心と体のバランスを整えてみてくださいね!

サロンでお待ちいたしております(^^)/

チネイザン内臓セラピーはこちらからどうぞ

関連記事

  1. 積年の背骨のブロックが外れた!!

» サロンの予約はこちらから