2018年☆新年あけましておめでとうございます☆

皆様、明けましておめでとうございます。
リナビュー オーナーセラピストのマキです。

旧年中は、格別のお引き立てを下さいまして誠にありがとうございました。
昨年も、大変に多くのお客様にご来店いただきまして大変に感謝いたしております。
また、リナビューをご支持いただきました事をありがたく思っております。

リナビューは、今年、大きく変化をしていきます。
でも、想いはずっと変わりません。
私たちは「ケア」「トリートメント」「メンテナンス」「コンディショニング」を通じて
女性の健康と美容を全力でサポートしていきたい。
誰にも似ていない その人だけが持つユニークさ、美しさを表現していただきたい。
女性の皆さんが元気になれば世界は明るく平和になる。
女性の皆さんが活躍できるようなサポートをしていく。
そのような社会貢献を果たしたいと想っています。

リナビューには、ホテルのスパのようなラグジュアリーなサービスはないかもしれません。
美容矯正というカテゴリーなので、ただただ癒されるという雰囲気でもないかもしれません。

リナビューでは「ホームセラピスト」「かかりつけセラピスト」のいるサロンを目指しています。

なぜ、ホームセラピストなのか?
おそらく、私たちセラピストは、皆様のご家族よりも、皆様のお体全体に触れていることと思います。

あるお客様のお腹をトリートメントしている時に「ゴㇿッ」としたものを感じ婦人科の検診をおすすめしました。
経過をお聞きしたら、なんと!5つも筋腫が見つかりました。その後、手術をして無事にお元気になりました。

背中のハリを訴えていたお客様。どこに行っても「こってますね~」「こんなに背中が固い人はあまりいませんよ」などと言われていて、とても悩んでいらっしゃいました。
トリートメントをしてみると、確かに背中が固いのですが、それ以上に、胸骨が不自然に凹んで固まっているのに気づきました。
これは喘息をお持ちの方に多く「以前、喘息だと言われたことはないですか?」とお尋ねしたところ、「そういえば、子供のころに喘息だったと母に言われたことがある!」と。
お客様自身も忘れていた持病を思い出すこともあります。
喘息が原因だとしたら、押しても、揉んでも、体が楽になることはありません。まずは、呼吸ができるようにしないとならないんですね。
(その理由は、また、いつか書きますね)

数回施術をして、そろそろ体に変化が出そうなのに、脊柱の硬直がいつまでも抜けてくれない方がいました。
マットレスの使用年数を尋ねたら、10年近く交換していないということが判明。
マットレスを交換したら、脊柱の緊張が抜けて、とても、反応が良くなりました。

何度もご来店いただいているお客様。ある日のこと、顔面の右側だけが硬直していました。
いつもと様子が違うので「隣の席に苦手な人が座っていないか」と尋ねたところ、会社で席替えがあり、上司が右側の席になって、毎日、緊張していたとのこと。

こんなふうに、お客様ご自身も気づいていない、体が発してるメッセージをお伝えすることが「かかりつけセラピスト」の役目の一つでもあると思っています。

皆様の「かかりつけサロン」として、健康と美容のサポートをさせていただき、皆様の家族の次に近い存在として、お客様と一緒に笑い、泣き、時には叱ったり(笑)
「なんか、ここに来るとホッとする~(*’▽’)」と言っていただけるようなサロンでありたいと思っております。
新年は、1/5より営業いたします。
また、皆様とお会いできるのを楽しみにしております。
何卒、ご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

高橋マキ

関連記事

  1. 2分で距離を縮める魔法の話術~人に好かれる秘密のテクニック~…

  2. 腸内細菌の働きとは?

  3. ハーパースバザー8月号(6/28発売)に取材掲載されました

  4. 小平選手の強さの秘密は〇〇トレインだった!!

  5. アロマクラフト ハンドメイドクラスのご案内

  6. 勝山式美容矯正とは?

» サロンの予約はこちらから