2分で距離を縮める魔法の話術~人に好かれる秘密のテクニック~

こんにちは。
リナビューのHPにお越しくださいましてありがとうございます。
オーナーセラピストの高橋です。

今日は、すっかり雨ですね。
今週末は、ずっと雨降り模様のようですね。
こんな時は、おうちでゆっくり読書なんていかがでしょうか?
しかも!この週末で「コミュニケーション能力UP!」なんていかがでしょう?

最近は、人とのコミュニケーションが苦手、メールはいいけど、直接話すのは苦手とかっていう人も増えているとか・・・
その裏側には、人間関係を円滑にしたい、円満にしたいという思いから、あえて深く立ち入らないという裏腹な思いがあるのかもしれませんね。

そこで、オススメの1冊

2分で距離を縮める魔法の話術 人に好かれる秘密のテク  著作 伊藤さとり

映画パーソナリティの伊藤さとりさん。
映画好きの方ならご存知の方も多いはず。
映画や舞台の舞台挨拶の司会、TV、雑誌、ラジオなどでの映画紹介などでご活躍されてます。
国内外の3,000人を超える俳優さん、女優さんなどと接してきたさとりさんならではのコミュニケーション術が満載!
今から使えるさとりさん流コミュニケーションテクニックを一部をご紹介させて頂きます
(ご本人より了承済みです)

女子に多い「全然話変わるんだけど」は、要注意ワード!!!
これって、街中でも、カフェでもよーく耳にするフレーズですよね?
でも、このフレーズ「あなたの話に飽きました」とか「私の話、したいんですけど」みたいな感じで前にしていた会話を打ち消すような印象があるとのこと。
スマートかつ、スムーズに会話を切り替えたい時には「ところで・・・」から始めると好印象だそうです。

他にも、ほめられ上手になるには、女優のS・Kさん、俳優のY・Kさん。
また、会いたいと思われる気持のいい人になるには、俳優のT・Nさん、N・Tさん、ハリウッドスターのW・Sさん。
背伸びをせずに等身大の魅力で生きていくには、俳優のM・Kさん、I・Hさん、女優のA・Yさんなどなど・・・

映画パーソナリティー 伊藤さとりさんならではの有名俳優、女優さんたちが舞台裏で見せる人柄から、私たちが忘れてしまっていること、これからでも身につけられる素晴らしいコミュニケーション術をご紹介くださっています。

さとりさんも、本の中で「元気?」「どうしてる?」なんてことから始めようと書かれていますが、本当にその通りで、「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」なんて、あいさつからでもOKなんではないでしょうか?

毎日、サロンにいて思うことですが、本当は、もっと人と触れ合ってあったかさを感じたいのかもしれません。
サロンを利用する目的は「きれいになりたい」「健康でありたい」という思いと同時に「人に触れてもらう暖かさ」を本能的に欲しているのかもしれないなーと感じています。
ここ数年は「オールハンド」のトリートメントが人気なのも、そうしたことが背景にあるからなのかもしれませんね。

もしも、人に心を閉ざしてしまったら、身体をゆるめて解放してあげるのも一つの手段です。
心と体は表裏一体。心が硬くなると体も硬くなり、体が硬くなると心も硬くなってしまします。
日頃からストレッチなどで体をほぐしたり、映画を見たりして心をほぐすこともお忘れなく。

どんな映画を見たらいいか迷った時には→「さとりのひとりごと。あの映画のウラ・オモテ」
身体がカチコチ、もう限界!の時にはサロンへへどうぞ。

ご予約はこちらからお気軽にどうぞ

関連記事

  1. ハーパースバザー8月号(6/28発売)に取材掲載されました

  2. 勝山式美容矯正とは?

  3. 小平選手の強さの秘密は〇〇トレインだった!!

  4. 腸内細菌の働きとは?

  5. 2018年☆新年あけましておめでとうございます☆

» サロンの予約はこちらから